頭が良くなる、はつまりどういうこと?

頭が良い・頭が良くなるなど、私たちは日常的に「頭の良さ」について言及することがありますが、何をもって頭が良いと表現しているのでしょうか?

 

もちろんその構成要素が一つだけではないことはご存じかと思いますが、大切なのは脳機能のバランスであり、結果的に多くの情報を処理したり駆使することができる人のことを多くの人は「頭が良い」と表現しているようです。

 

他人のことをわかりやすく「頭が良い」と感じられる瞬間として、自分が思いもよらぬことを考えついたり、短時間で適切な答えを導き出したりといったことがあるかと思います。これはどちらもいわば「頭の回転が速い」と表現される状態です。

 

もちろん脳みそは回っていませんし、脳の中から情報を読み出し神経によって伝達する速度は誰であっても一瞬です。ですから、頭の回転が速い人というのはより正確には「情報のあたりの付け方が上手い」などと言い換えられるでしょう。そして記憶力が高い人のことも頭が良いといいますし、結局は情報の出し入れが上手い人のことを「頭が良い」と言っていると思いませんか?

 

記憶力に関連して、集中力もまた「頭の良さ」を語る上で重要な要素です。集中力とはまさに一点に集中する力であり、いかに集中した対象に関する情報の処理に脳が多くのリソースを割けるかということです。そう考えればやはり本質はいかに脳が情報を効率的に処理するかという結論に至ります。

 

結局のところ、頭の良さは脳をいかに効率的に働かせるかという点に集約でき、そのためにはやはり脳に必要な栄養素を充足することが不可欠だというわけです。