頭が良くなる食べ物

一昔前は魚を食べると頭が良くなるといわれ、そういった効果を謳うテーマソングまででき、一種の社会現象化さえ起こったことは記憶に新しいですが、近年では当時謳われていたメカニズムに関しては概ね否定されています。が、それとは別の働きによって魚はやはり脳機能に対して良い働きを行うことが分かり、再評価され始めています。

 

青魚の脂にはDHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸が非常に豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸は魚油を除くとクルミや亜麻仁などごく一部の種子類にしか含まれない希少な脂肪酸で、このオメガ3脂肪酸は生体内では脳の組織内に集中して存在しているため、オメガ3脂肪酸が脳機能の重要な役割をなしていると考えられてきました。

 

そのために、オメガ3脂肪酸を摂取すると頭が良くなると言われてきたのです。実際はオメガ3脂肪酸そのものが脳機能をなすという考えは否定されましたが、そのかわりにオメガ3脂肪酸が血液の状態を大きく改善することが分かり、脳は血流量によってその働きが大きく左右されるため、結果としてやはり脳にポジティブな効果をもたらすということがわかったのです。

 

脳の血流を改善し頭を良くするには、魚の中でも脂の乗った青魚を選ぶ必要があります。サバやイワシ、サンマなどは最適です。

 

また缶詰でもオメガ3脂肪酸は十分に摂取することができますので、魚の調理が面倒な人、一人暮らしの人にはお勧めです。

 

一般的な大きさのサバの缶詰には通常3g程度のオメガ3脂肪酸が含まれており、通常一缶の中に二つの大きな塊が入っているため、一缶の半分食べるだけで一日に必要なオメガ3脂肪酸を完全に充足することができます。しかし青魚が嫌いな人は、他にオメガ3脂肪酸が含まれる食材は限られるため、特定の種子類を選んで意識して食べる必要があるでしょう。