頭が良くなる音楽

音楽は脳にとって特異的な刺激となるため、脳機能の活性化という観点においても重要な意味合いを持ちます。

 

元々人間は音に対して強い反応を示すもので、ただ何かを書き留めて覚えるよりも発声して自分の耳で聞きつつ覚えた方が記憶の定着率が格段に高まることは様々な実験によって実証されています。

 

そして音楽を利用して脳に心地よい刺激を与えることで、例えば脳をリラックスさせたり脳疲労を速やかに解消したり、あるいは逆に脳を活発化させて活動的な状態にするなど、脳の状態をコントロールし脳機能の向上に役立てることができます。

 

頭を良くするという観点においては、音数が多く音域も広い音楽が脳への大きな刺激となるため適しています。音楽のジャンルで言えばなんと言ってもクラシックが最適といえるでしょう。

 

フルオーケストラのクラシックは単純に音域が広いというだけでなく、生の楽器が奏でる音には倍音成分が多く含まれるため、譜面上の音よりもはるかに高い周波数の音がたくさん含まれます。これは脳を刺激し、脳のあまり使われていない部位を呼び起こすことで脳を活性化してくれます。

 

クラシック以外にも、生の楽器が中心となっていて一音一音がしっかり聴き取りやすいイージーリスニングの類いも脳の活性化には有効でしょう。リラックス効果で記憶の整理や脳疲労の解消にも役立ちます。

 

とはいえ、自分にとって聴きよい音楽であることが最も重要といえるかもしれません。音楽の世界へのめり込んでいけるような曲は脳のストレスを解消し、その後の学習効果を最大化してくれるためです。